ねこの森へ帰る

なくした夢にもどっています

今週の星野しずる

冬のゆびさき(20首連作)  星野しずる



  約束は悲劇の魚 きえてゆく水平線の底ではすべて

  緊張に恋して夜の少年のごとくまばゆい曲線でした

  永遠の手ざわりを持ついいわけでしょうか 狂った幾何学ですか

  沈黙のあいだに雪の口づけが終わってしまうふわふわの国

  ふわふわの胸を集めて思春期はわずかな過去につつまれている

  うつろいの陰で銀河にあこがれた神経質な銀の姫君

  風景を見ている白いほほえみは生命線の未来に向かう

  誇張した現実感にあこがれる空の砂漠の向こうから犬

  横顔を見送っているあたたかい詩人の道のようなまなざし

  さかさまの夢を集めて現実はあかるい毒に隠されている

  やせこけた戦争の中 少年を殺しわずかないいわけを持つ

  うつくしいあふれるほどの骨でしょう? おとぎ話を愛し続ける

  ゆらめきの先に四月に教わったまだら模様の夏の曲線

  とくべつな紫色の歌のよう 十一月をおぼえていよう

  約束に追われて冬のゆびさきに恋をしている透明な僕

  鳥かごと一緒に眠る恋人を見つめていたらやわらかな風

  あたたかいワインボトルをあきらめて残りわずかな日々を愛した

  凛として十一月にあこがれる空の記憶が多すぎる国

  僕だけの曲線だろう うつろいが好きだ 小さな結末として

  表面は星野しずるの僕なのにやさしい歌を忘れたい 謎



(この連作は、星野しずるのTwitterアカウント「@Sizzlitter 」に発表された短歌のうち「ふぁぼり(お気に入り)」が2favs以上の作品をさらに厳選し、佐々木あららが20首連作にまとめたものです)

(今後も「ふぁぼられている短歌」がたまってきたところで連作をつくっていきたいと思います。Twitterをやっている方は、たまにで構いませんので、@Sizzlitterの歌でピンときたものに★マークをつけてやってください)


参考リンク:
 ・@Sizzlitter on Twitter
 ・@Sizzlitterのふぁぼられ状況ふぁぼったー
 ・星野しずる(公式)

広告を非表示にする