読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの森へ帰る

なくした夢にもどっています

音頭よ、静かに流れよ

ドラえもん音頭、アラレちゃん音頭、おそまつくん音頭。
私の子供時代は、アニメといえば「音頭」がつきものであった。いつ頃からなくなってしまったのだろうか。
なんとなく「ジブリを境に」という気がする。
ジブリはアニメの価値を変えた。駄菓子のようだったあの頃のアニメは、いつの間にか、高級洋菓子や伝統和菓子のように味わわれ、評価されるようになってしまった。音頭が似合うのは駄菓子屋でよっちゃんいかの隣に売っているほうのアニメだ。


別にジブリのアニメが嫌いというわけではないので、結局のところ言いたいことはまとまらないのだが、まとまらないついでに、ナウシカ音頭をつくってみた。氷川きよしが歌っていると思って、口ずさんでいただければ幸いである。


ナウシカ音頭


飛んできましたお姫様
腐海遊びが過ぎますぞ
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
王蟲の殻を見つけたよ


肩の上にはキツネリス
おびえてただけでこわくない
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
この子私にくださいな


ペジテの地下の巨神兵
持ってきたのは風の谷
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
クロトワ大尉は平民出


瘴気マスクをはずしたら
肺が腐ってそれまでよ
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
ナウシカ音頭で大海嘯


(セリフ:その者、青き衣をまといて、金色の野に降り立つべし
 失われし大地との絆を結ばん)


栄養たっぷりチコの実を
長靴いっぱい食べたいな
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
清浄の地で一休み


ペジテの秘密 飛行ガメ
王蟲の子供ぶら下げて
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
土鬼(ドルク)が出ない映画版


這ってきました巨神兵
王蟲をビームでふっとばせ
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
腐ってやがる早すぎた


青き衣のナウシカは
王蟲の触手の草原に
ラランがラン(ヨイショ) ラランがラン(ア ドッコイ)
ナウシカ音頭で大海嘯



実演の暁には、振付は是非とも瀧田美成先生にお願いしたい。
<参考:美成先生のドラえもん音頭指南動画>