ねこの森へ帰る

なくした夢にもどっています

昔の日記から

おととしの5月に書いた日記ですが、読み返してみたら詩のようなたたずまいをしていたので、ここに掲載しておきます。 - メイデイ!メイデイ!(5月のあいさつ)みなさん、どんなゴールデン? こんなゴールデンでありますように! http://images.google.co.j…

今週の星野しずる

おそれて眠る(20首連作) 星野しずる 3380:気の毒な手紙のようなおととしの体の影に似ている四月 3411:神さまが足りない風の罪人を拾い上げればまぶしげな猫 3333:情熱の言葉でさえもとけてゆく五月の群れを愛した女王 3635:あたらしい街という名の失敗はみ…

今週の星野しずる

冬のゆびさき(20首連作) 星野しずる 約束は悲劇の魚 きえてゆく水平線の底ではすべて 緊張に恋して夜の少年のごとくまばゆい曲線でした 永遠の手ざわりを持ついいわけでしょうか 狂った幾何学ですか 沈黙のあいだに雪の口づけが終わってしまうふわふわの国…

Wii(五行歌)

Wiiリモコンよ おまえは今まで いくつの 大画面液晶テレビを 破壊してきたのか

星野しずるが日経MJに載りました。

本日1月25日付けの日経MJ(日経流通新聞)に、「星野しずる」のことが掲載されました。 「140字に世界観 ツイッター文学」という見出しで、内藤みかさんや枡野浩一さんと一緒に、ちょっとだけ佐々木あららと星野しずるが紹介されています。 星野しずるとは、…

さがそう meets 短歌(動画山盛り注意)

Google&Youtubeの動画ジェネレータ「検索ストーリーをつくろう」が、いい。 http://sagasou.blogspot.com/ テレビCMでもおなじみの、この動画。 これと同じ雰囲気のものをユーザが自由につくれる、というものです。 こちらからつくれます。 http://www.youtu…

石原ユキオはもうすこしモテていいと思う。

石原ユキオは詩人で、俳人で、映画「岡山の娘」に出演した役者で、でも結局そのどれをいちばんしたいのかはよくわからない人だ。Twitterなどでゆるやかに交流はしているが、それでわかったことは、女性で、というより女子で、とにかくもう女子で、それもいい…

M-1 2009決勝進出者の出身地一覧

ナイツ(塙宣之:千葉県我孫子市、土屋伸之:東京都) 南海キャンディーズ(山里亮太:千葉県千葉市、山崎静代、京都府福知山市) 東京ダイナマイト(松田大輔:岐阜県揖斐郡大野町、ハチミツ二郎:岡山県倉敷市) ハリセンボン(箕輪はるか:東京都北区、近…

さようならミリバール

「ミリバール」を一文字にしたような記号がある。 OSやフォントによっては出ないかもしれないが、これである。 ㍊ 読みにくいので大きくしておこう。 しかし、21世紀はヘクトパスカルの時代である。と、書いてみて、なんかすごく大風呂敷を広げているような…

小説:ガンダムで例える

その男は、何かにつけガンダムで例えた。 「そいつがさ、ガンダムでいえば、アッガイみたいな立ち位置の奴でさ……」「ガンダムでいえばキャスバル兄さんを思うアルテイシアの気持ちだね」「すごい。こいつはまるでサイド7だ」「いま、俺を踏み台にした?」 …

「誰でも必ず○○できる13の方法」が誰でも必ず書ける13の方法

・13個の項目で書く 「13の方法」だったら必ず13項目書きましょう。読者は間違いを探すのが大好きです。「1024の方法と言ってるのに1023項目しかないのはなぜですか?」とかメールしてくる奴は必ずいます。数も数えられない人間の言っていることなんて信じる…

ドラえもん短歌と歌人・仁尾智について

9月3日はドラえもんの誕生日。この本*1が出てもう4年になるのか……。 ドラえもん短歌作者: 枡野浩一出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 39回この商品を含むブログ (43件) を見る この本の中の仁尾智(にお・さと…

漢字成り立ち物語・その1 「肛」

ある月の明るい夜のこと。 一人の旅人が、したたかに酔って歩いていた。 さきほどまで飲んでいた酒場の店主は、無理をせずもう今日はここに泊まっていけ、と忠告したのだが、酔って気が大きくなっていた旅人は強引に店を飛び出てしまったのだ。 気持ちのよい…

中京大中京について

「中京大中京」は「なだいなだ」や「とうじ魔とうじ」とよく似た構造をしている。なんだか文字数に無駄がある感じがするのだ。ハッシュを使ってすっきりと圧縮してしまえばいいのに、と言いたくなる。 そう思って調べてみると、「渋谷区渋谷」とか「板橋区板…

カーテンと空気と清き一票

昼夜を問わず私の家をのぞき見している男がいる。プライバシー侵害もはなはだしい。 もちろんカーテンはちゃんと取り付けている。十分にぶあつい遮光カーテンだ。 しかし、やつは、カーテンの内側にいる私にさえそれと気づくほどの強烈な眼力で、遮光カーテ…

昔の原稿から

僕にも昔、父がいた。 父はラグビーが好きだった。高校時代にラグビーをやっていたというけれど、そして、時々強かったようなことを僕に吹聴していたけれど、本当のことはわからない。僕に着実に伝わってしまった遺伝的形質から分析するに、補欠と球拾いの境…

結構多くの人が「ファブリーズ」のことを「パブリーズ」だと思っている

結構多くの人が「ファブリーズ」のことを「パブリーズ」だと思っていることが判明。google:パブリーズ 日本語の「は」の音は、その昔「ふぁ」〜「ぱ」当たりの音で発音されていたそうなので、先祖返りだと思って納得することにした。ちなみにスペルはfebreze…

ダンディとつぶやきと講談と落語

芸人の間では、ダンディ坂野さんは「師匠」と、つぶやきシローさんは「先生」と呼ばれているそうだ。 どちらも「昔ブレークしたピン芸人」というカテゴリにくくられていて、僕ら素人から見る限りは、どちらも同じような「ショボさ」を売る芸風であるようにも…

いぬざる20首

●不自然な愛のボールを追いかける缶コーヒーは微量の駝鳥 ●美しい太陽風からあふれ出す秋の木陰に隠された沼 ●まっすぐなお茶へ託そう 密林はやさしい愛をたどってゆけば ●球体は流れの角度 燃えさかる草食獣が広がる星座 ●不自然な男の蝉を集めたらかかとの…

文字が一文字消える手品

隣の人に「『私蔵化権*1』って漢字で書くと何文字?」って聞いてみましょう。「四文字」という答えは、返ってきません。 *1:こんな熟語はありません。念のため。

同一下着着用実験の失敗

日本人宇宙飛行士、2ヶ月に渡る同一下着着用実験に成功 http://www.technobahn.com/news/200907291201 の輝かしい報道の陰で、国際宇宙ステーションはいま、大変な危機に見舞われている。 国際宇宙ステーションのトイレから汚水が流出、1日がかりで修理 http…

お気に入りとプロパティ

「これからは、ブックマークは『お気に入り』と呼ぶこととします」……大学時代、Windows95を初めて見た時の衝撃は今も忘れない。マイクロソフトの、あの高らかな宣言に、私は眩暈を覚えた。「お気に入り」! 「お気に入り」だと! あの頃の私は精液の香りをぷ…

ササキ先生取材旅行中につき((もちろん、泥酔→げろ→布団の上で目覚める→記憶がない! 記憶がないよ! ママン、僕の記憶をどこに隠したの!→ひどい宿酔い→モーニング小げろ→自己嫌悪、という小さな旅である。))、本日は過去の作品でお楽しみ下さい。

<妄想>ミスドでこれを書いてる(2004-03-31 02:55) 人生は箱入りチョコレートに似ている。食べてみないと中身はわからない。……それはともかくドーナッツはプロレスの技に似ている。 「……さぁて、大仁田厚、ザ・グレート・サスケをロープに振った! 出たっ!…

悪とは

子どもの頃「悪の組織は毎回毎回お金を湯水のようにつかって、怪人もいっぱい殺されちゃって、戦い方が下手だなー」と思っていた。 今は大人なので、だからこそ悪の組織なのだ、ということを知っている。的確な人材活用、効果的な投資、「世界征服」という大…

新美南吉「がちょうの たんじょうび」

あまりここにふさわしいとはいえない堅い話です。 ーーーid:rhbさんがブックマークしていた青空文庫、新美南吉「がちょうの たんじょうび」を読んだ。非常に面白く読んだのでrhbさんには感謝したい。ありがとうございます。 http://www.aozora.gr.jp/cards/0…

ゴースト

少し調子が悪くなったようなので、母の使っているハードディスクレコーダーを覗いてみた。 「ゴースト 天国からのささやき」と「ゴーストバスターズ」が隣同士に録画されていた。 一方で必死になって救済しようとしているゴーストも、次の瞬間には変なレーザ…

「水→お湯」

天変地異を表現する言い回しとして、「天が割れ、海が沸騰する」というような言い方をすることがある。海が沸騰してしまう、というのは確かにただごとではない。一瞬にして水がお湯になるのだ。これを「『水→お湯』の事態」と例えても、別にいいだろう。つま…

今日の「日食新聞」から

たまには世間の時流に乗ったヤングでミーハーな記事を書いてみたいと思う。 何やらヤングな題材はないものだろうか、と久しぶりにラジオのスイッチを入れると、世間が何やら「日食、日食」と騒がしいではないか。 日食といえば、「日食新聞」に情報が載って…

記念日なので、短歌を

07月21日は、何かの記念日なのだそうです。 記念日なんだから仕方ありませんよね。佐々木あららの短歌の中から記念日関係の作品をピックアップしてみます。整理がわるいのであれなんですが、探せばもう少しあるかも。 ●棒読みであえぐ女優の行く末に心を痛め…

童話「おさるのほし」最終回

これまでのあらすじ (うちゅうひこうしのテイラーさんは、おさるがいっぱいすんでいるほしにつきました。おさるたちは、テイラーさんがほかのほしからきたということをなかなかわかってくれません。さあ、こまったぞ! なかまのランドンさんは、おさるにの…

カニクイザル(小説)

兄がカニクイザルを買ってきた。私の大切なナナコ(推定10歳、毛ガニ)を亡きものとするためだ。 ナナコとの出会いは二週間前にさかのぼる。兄が自分の快気祝いにアメ横で奮発したものであったが、おがくずまみれで弱々しく動くナナコを見ていると、とても食…

自社ビル【がんばれググホンさんシリーズ】

google翻訳で確認守護霊の英語力が中1レベルでも、私はグーグル教徒であることを誇りに思っています*1。 参考:http://d.hatena.ne.jp/sasakiarara/20090715/1247672015 *1:この文をgoogle翻訳にかけると、後半が「I am proud to be a Muslim as well.」と表…

王様と床屋とその妻

すると、王様は床屋にこう言った。 「もし余の耳がロバの耳であることを誰かに告げたら、お前の首を刎ねてやる。もちろんお前が匿名でやってるブログにも書くのではないぞよ」 床屋はため息をつきながらこう言った。 「私のブログは私の美しい妻との変態的性…

ドミノ堂だより

彼女との東北旅行の最終日、レンタカーの返却時刻まで少し時間があったので、ちょっとだけ寄り道してドミノ大社に向かう。一度は行ってみたかった神社だ。 ここでは皆、ドミノを並べて願掛けをする。大きな望みであるほどいっぱい並べないといけない。「交通…

「Fuck you!」を日本語に訳しなさい(6文字、句読点含む)

http://translate.google.co.jp/translate_t#en|ja|Fuck%20you!%0A%0Aというわけで、「Fuck you!」は今日から「セックスを!」と翻訳することが決まりました。 私は敬虔なグーグル教徒*1ですので、これからは謹んでこの言葉を使いたいと思います。 りょうも…

ブイソラソド語礼賛

ブイソラソド語*1は、数ある言語の中でも、もっとも希有な言語の一つである。まず、研究者が非常に少ない。 googleで「ブイソラソド語」を検索してもわずか2例しかヒットしない。google:ブイソラソド語 -猫 (おそらく、読者諸姉兄がこの記事を読まれる頃に…

エア新書

エア新書なるサービス、いつの間にあったのだろう*1。便利。便利? http://airbook.jp/ 毒チワワの恐怖 それはおじいちゃんから始まった 食い逃げされるな バイトも雇うな お湯はなぜ温かいのか 止まらなくなりそうなのでやめておこう。 *1:去年のエイプリル…

都道府県バトン

id:toroleoさんよりバトンをいただいた。 「バトンお断り」のおふだをノートPCの画面に貼っていたのは過去の話、何より愛読するイカノリさんの直々のご指名とあれば、喜んで受け取らせていただきたい。……変態? 今住んでいる都道府県は? 私の住んでいる「…

ぺりぺりとはがれる僕の求愛(小説)

日射しの強い週末に野球を観ていたら、腕がこんがりと焼けた。 というわけで、先週から私はぺりぺりと剥け続けている。 私の皮膚はとても丈夫で張りがあるので、とてもきれいに剥くことができる。丁寧に丁寧にエッジを広げていけば、10センチ四方程度の皮膚…

童貞喪失記(小説)

私は高校生で、童貞だった。 美術系の専門学校に進学して、なお童貞だった。 専門学校を中退し、なお童貞だった。 私の情念は鬱屈し、なお童貞だった。 彼女をつくる人間性はなく、風俗へ行く勇気はなく、それゆえ私は永遠の童貞だった。 だから、エロ漫画を…

もう別れてしまえ

どうか私に恋愛相談を持ちかけないでくれたまえ。私は恋愛相談のとき、ひとしきり話を聞いた後、必ず「もう別れてしまえ」という。そういう相談を持ちかける女は、得てして別れないものだからだ。「別れない方がいい」側に回ると、ひとしきり聞いたはずの愚…

コードを規定してもコードに規定されるな、とはいうけれど

もちろん個人の名前を尊重はしたい。 したいのだが、草磲さん一人のために、写植の人とかがこれまでどれほど苦労してきたのだろう、と想像すると、草磲さんは、いい機会なので、「草なぎ剛」という芸名に改めてしまえば丸く収まるのではないかと思う。中島美…

平和の訪れ(2秒で読める小説シリーズ)

手近に機械油がなかったので、PCの冷却ファンに妻のクレンジングオイルを差す。以来PCは快調だ。ただ、このところエロ動画への情熱がめっきりなくなった気がする。

ウルトラリラックスまとめ

卓球時代の篠原ともえが大好きだよ。 なんというか、「まだ、失われていない」って感じ。現在の篠原ともえさんが何かを失ってしまったということを茶化しているのではなく(もちろん八重歯を失っただけで他には何一つ失ってはいない)(とか書くから茶化して…

つりあげよ、つりあげよ! (2秒で読める小説シリーズ)

「何食べたい?」「……何でもいい」「じゃあうんこでもいいんだなこの糞女!」「ああ食ってやろう、その代わりお前の口にもねじ込んでやっかんな!」 今、私と彼女はじっとお前を待っている。午後の村雨公園の便器の中で蛭のように絡み合ったまま。

地下倉庫にて(2秒で読める小説シリーズ)

みんなが虹のことをブログに書いている。 どうやら、雨は上がったらしい。

歩無地遺産

高校2年生の人、「パズーによく似た高2」というペンネームを使ってはみないか。おじさんが考えた。 ぐぐったら、先例は、あった。

京葉線のリンチ化

「ちょっと息抜きに海でも観たいなあ」と思ったときには葛西臨海公園に行くことが多い。 一人でふらふらと出かけ、海や蟹や猫を見る。強風に疲れてきたら水族館に入り、ペンギンを1時間ほどからかってから帰る。なかなか悪くないコースだ。ただし、ゴールデ…

Heineken Walk In Fridge まとめ

これが元ネタね。 「実際にやってみた」編。もちろんこれも広告です。 で、これがライバル企業のCM。 ハイネケンの新作。駄ジャレである。 基本的には「わーーーー!」って叫ぶところを踏襲すればなんでもできそうだ。 探せばいっぱいあるだろうな、このパ…

measurement

銀座線でデカい人を見た。デカい人はデカいジーンズをはいていた。デカいジーンズにはデカい前ポケットがついていて、そこには何やらデカくて四角い物が入っていた。デカい人用の携帯電話だろうか、とも思ったが、それにしてもデカすぎた。赤坂見附で降りる…